除湿機を使用するに適切な状況とは?

「除湿機を購入しないでください!」で除湿機の乱用(?)を批判しました。ブログ開設後初めての訪問者が30倍ほど急増するほど関心がすごいね…

私も戻って除湿器を購入する必要がない状況が生じました。

除湿機を購入してはいけないた私バイラルマーケティング担当者に包摂されて除湿機パで変節のでしょうか?
私は以前の記事で除湿機について話したいと思いしたのは以下の通りです。

韓国の気候で人が生活する空間(Living area)には、除湿機よりもエアコン明らかにお勧めです。除湿機とエアコンの消費電力当たりの除湿能力はほぼ同じです。

除湿機は、稼働時の屋内の気温を上昇させます。エアコンは、同じエネルギー消費しながら除湿と室内の温度を低下させる。

エアコンよりも除湿機が良い状況は、温度が低く湿度が高い状況だが、韓国はこのような状況はほとんど発生しません。

私は人が居住する空間には、すべてのエアコンを使用しています。人が快適なほどエアコンを稼動する以上、同じ部屋のクローゼットの服が湿気になったりしません。除湿量が同じであれば、エアコン除湿機よりも電気をより食べません。

しかし、問題は、人が住んでいない、とエアコンもない地下倉庫で発生しました。(2坪少し超える小さなスペースです。)地下倉庫のような人々が居住していない室内、または湿気調整が必要な場合には、外国ではHRVを使用します。

上の写真は、屋外湿気の多い夏ののHRV動作回路です。解放説明すると、換気のために室内の空気を排出して、屋外の空気を流入させることに、給気される空気に含まれている水分は、熱交換器からの湿気だけを移動させて排気させる構造です。除湿器を使用せずに、このようなHRVを使用する理由は、当然にも、エネルギー効率の問題です。HRVはコンプレッサー(圧縮機)や発熱体が存在しない単純な熱交換器であるため、稼働時の消費電力が非常に少なくなります。(家庭用の場合、50〜100Wh程度)

温度が同じ場合には、通常屋外より屋内の湿度が高くなります。室内空気は、とにかく、屋外から来たもので、屋内円湿気を追加で供給する供給源しかないからです。(人、洗濯、料理など)

したがって、室内の湿度が屋外湿度よりも低い場合は、

  • 室内の温度を高めた場合
  • エアコンや除湿機を稼動した場合

いずれの場合にしかなくなりません。

夏場の室内にエアコンも大切庭に、倉庫にエアコンや除湿機を稼動することは不合理な話。優先的に適用しようとソリューションは、次のとおりです。

1.換気ファンの取り付け

上記のHRV動作説明のように、屋内の湿気は室外空気と一緒に排出させることが最も少ないエネルギーがかかる方策です。トイレに換気扇が不可欠でインストールされた理由も糞の臭い〜を排出させるためのものというより、湿気を排出させるための目的が大きい。

私たちの家の地下倉庫に設置された換気ファン。100cm / h仕様。時間に10分程度ずつ換気を目的とタイマー動作するように使用してきました。ところが最近換気ファンの動作にも倉庫湿度が継続すぎる上がる状況が続いてい換気扇を24時間稼動させてみました。すると、状況がさらに悪化しました

上の写真は、倉庫ドアの下の床の状況を撮影した写真です。換気ファンをより積極的に稼動したところ、むしろ湿度が急激により増え、倉庫の床に、全体的に結露までに発生するレベルになりました。

ドアの下の床のように流入空気の流速が速くなるところ結露が集中的に生じた状況から推測すると、冷たい床と高い外気湿度の問題で「排気を積極的に “する方法としては、除湿機の原理のように換気ファンに流入した外気が冷たい床との接触により、結露の発生をむしろ増加させます。したがって、換気ファンだけでは解決できないという結論に達しました。

2.塩化カルシウム除湿剤

キャラバンで使いながら倉庫に緊急招集された塩化カルシウム除湿通。水を食べるカバ8個程度の量の除湿通だが、フミは、1日だけのタイト満たした塩化カルシウムが枯渇しました。

塩化カルシウムがどれくらい早く溶け流れというので、下に氷のように戻って、塩化カルシウムの塊が生成なりましたね。

さて、「低エネルギー消費 “除湿方法では、倉庫の湿気制御が不可能だという結論。方法は2種類!

  • 換気ファン速運転、倉庫の床暖房(幸いなことに、倉庫にも暖房配管は敷かれています。)
  • 換気ファン速運転、除湿機を使用

夏場にぴったりの空間のために、ガスボイラーを回すのはむしろエネルギーの無駄がなく、より大きくなります。2回方策として決定します。倉庫スペースは高さ2m、床面積2坪弱される小さな空間です。だから容量も小さく、消費電力も小さい除湿器を優先調べてみました。

市販の小容量除湿器は仕事除湿量1L未満、消費電力100w未満程度の仕様であるが、ほとんどすべて私のパフォーマンスをかも疑問でした。理由は、これらの製品の冷却方式がコンプレッサー方式ではなく、ペルチェ素子を利用した、別名「半導体の冷却方式」だったからです。

半導体の冷却方式は、まだ冷却性能が大幅に低下し、大容量の製品化が難しく、冷蔵庫や空調機器に使用するには不適切な方法です。

だから除湿機を購入する条件を

  • (半導体の冷却方式ではなく)コンプレッサが採用された除湿機
  • 価格が安く、バケツサイズが大きい除湿機

で選びました。

最終的に購入した製品は、ハイアールHDE6C除湿機。消費電力150Wh、仕事除湿量6Lであり、最も重要な購入価格は99,000ウォン。クラス国産除湿機の半額ですね。性能比価格の面で比較対象がないほど安いです。さらに、6L級除湿機のバケツサイズも最も大きくなります。(3.5L)

ハイアールは中国産製品であるが、除湿機の生産量世界1位であり、コンシューマー・レポートでもFrigidaire社で最も多くの製品が推奨製品に選定されているメーカーです。ハイアールはエアコンまではまだLGやシャープなどに比べて競争力が落ちたが、除湿機市場はすでに掌握した状態でしょう。

購入すぐ水浸し騒動私の倉庫に緊急投入。どの湿度が高かったのか、仕事除湿能力6Lの除湿機であるが、稼働開始後の日中9L以上の水を排出しましたね… 可動一日に倉庫湿度を40%未満まで下げしばらく維持しています。トラブルシューティング!私の場合は、使用スペースに比べてかなり大きな除湿機を使用していたわけだが、この製品よりも安価ながら除湿能力もそこそこ少ない製品は、市販ではないようで見えます。

以上、イジュンノ氏の除湿機期限を終え除湿機の容量価格帯別おすすめ商品も一度にまとめてみましょう。

容量別除湿機推薦に先んじて、米国コンシューマーレポートの除湿機の性能試験の結果によると、仕事除湿量25L以上級の除湿機が、それより小容量の除湿機よりも大きいスペース、小さなスペースの両方除湿能力がより優れており、(当然でしょう)は、小さなスペースでの使用時の除湿能力あたりの消費電力も小容量除湿機よりも良かったです。このような結果が出た理由は、大容量除湿機の冷却フィン面積がより広いためと推定されます。

つまり、電力使用効率を考慮すると、なるべく大容量除湿機を使用することがすべての運用の場合で、より電気を少なく食べることです。ところで、韓国では大容量の除湿機を購入しなければならないもう一つの理由がありますね…

上記の二つの製品は仕事除湿量10L除湿機であり、以下の二つの製品は、25〜30Lの容量除湿機です。

オルレ?性能は3倍の差のに、価格は似ています。消費者の立場から30L容量除湿機の代わりに10L容量除湿器を同じ価格で購入しなければならない理由はありません。上記で説明したように、仕事除湿量25L以上級の大型除湿機が狭いスペースでも除湿量当たりの消費電力が少なくなります。

おそらく、これらの皮肉が発生した理由は、除湿機市場の特殊な状況で、消費者が一度少量製品を好むし、メーカーは低用量製品側最多利益を出すためのマーケティングを展開しており、このような市場の歪み現象が起こっているようです。小容量除湿器は、電気をより食べても体積と重量が最大限小さくするだけの特別な使用目的がなければ購入する価値が大幅に低下します。