ビジネス用のより魅力的な封筒とレターヘッドを作成する3つの方法

このテクノロジー時代では、人々はより便利で簡単なコミュニケーション方法を好みます。テクノロジーにより、物事をより迅速に、最も重要なことにはコミュニケーションをとることができました。インターネットの最初の発売以来、電子メールはこれまで行われた最も重要な発見の1つです。ただし、このような時代にあっても、従来の書簡は、より専門的で正式な書簡の交換方法と見なされているため、多くの企業が従来の書簡を使用しています。

これらの専門会社は、より多くの仕事を手紙に入れて、受信者側にふさわしく見えるようにしています。彼らが専門的な通信活動を行うための努力を伝える方法の1つは、Kiasuprint.comによるレターヘッド印刷と封筒印刷です。この会社では、会社独自の均一なデザインのカスタム封筒とレターヘッドを作成します。会社をより適切に見せることができるだけでなく、手紙の魅力を高めることにもなります。会社用に作成したい場合は、魅力的なレターヘッドと封筒を作成するためにできることがいくつかあります。

1.恥ずかしがらずに色を使う

プロフェッショナル、フォーマル、プロパーということは、白黒や他の色だけを選ぶべきだという意味ではありません。レターヘッドと封筒を魅力的なものにしたい場合は、勇気を出してカラーで印刷する必要があります。創造力を発揮し、鮮やかな色をデザインに選びましょう。会社のイメージに合えば悪いことではありません。使用する配色を選択しますが、同時に、文字の内容を混乱させるような色の組み合わせを使用しないように注意してください。選択した色は互いにうまく機能し、見栄えを良くする必要があります。

2.長所を強調する

レターヘッドの焦点の最も魅力的な部分を決定する必要があります。通常、最も簡単なのは会社のロゴです。会社のロゴは、KiasuprintなどのWebサイトを介して実行できるレターヘッドデザインおよび封筒デザインに存在する必要があります。特に魅力的な色を使用している場合は、目立ちやすく目立ちます。また、手紙の受信者が手紙の送信者を簡単に識別できるようにして、会社がプロフェッショナルであることも示しています。それだけでなく、レターヘッドと封筒にロゴを付けると、より多くの人々があなたのロゴを見るにつれて、彼らはあなたのブランドや会社に慣れ親しむようになるので、ブランドの認知度も高まります。

3.透かし

ロゴはレターヘッドまたは封筒に付けることができます。しかし、会社のロゴは、実際には文字の印象を高める、より微妙な方法で表示することもできます。あなたの手紙のペーパーストックの透かしとしてあなたのロゴを作ることができます。手紙の背景に浮かぶのでスペースを取らないので便利です。ただし、かなり注意が必要です。テキストが不鮮明になる可能性があるため、濃く印刷することはできませんが、認識されず、視覚的な影響が差し引かれるため、淡すぎたり薄すぎたりすることはできません。