カフェラテとコーヒー牛乳はどのように違うか

合法的な大人の味。早く大人になりたかった私は懸命にコーヒー牛乳を飲んだ。大人がすることなら何でも素晴らしい見え、応じてみたかったから。子供たちはならないと、コーヒーを許さなかったママの前にもコーヒー牛乳は存分に飲むことができた。

母親のようにコーヒー牛乳にエースお菓子をつけて食べていた子供たちが、いつの間にかカフェでカフェラテを注文する。今日は思い出の三角牛乳、コーヒー牛乳の話だ。カフェラテと似ているよう他のコーヒー牛乳に何が起こったのだろうか?

カフェラテとコーヒー牛乳は違う?

まず、カフェラテとコーヒー牛乳は、単に国籍以上の差がある。「牛乳を入れたコーヒー」と「コーヒーを入れた牛乳」が違うのかとすることができるが、異なっている。まず、カフェラテは、牛乳を入れたコーヒー(Cafe Latte)である。エスプレッソにミルクとミルクの泡を入れて作る。そして世界的にカフェラテは、コーヒーの種類に属する。17世紀から人類と一緒にした。

一方、コーヒー牛乳はコーヒーの味が私は牛乳(Coffee Flavor Milk)である。牛乳にコーヒーの香りを追加した牛乳である。まるで本物のエビは入っていませんが、自分だけの魅力があるエビバーガーのようなものというか?

次に、コーヒー牛乳はいつ現れたのだろうか?

誰コーヒー牛乳を三角形のパックにノトオトナ

1970年代には、牛乳がバイアルに追加というのが当たり前の時代であった。しかし、工兵回収が難しく、衛生がよく管理されなかったのが難点。ソウル牛乳は技術力を動員して、三角形の形のビニールパック「三角ポリ」を開発する。材質はポリエチレン。軽くて破れない牛乳を追加合った。いくら投げても割れないなんて。今で言えば流通革命に近いことだったというか?しかし、白いミルクは2年ぶりに部屋を抜いてくれるように(?)される。

1974年には、ソウル牛乳の最初のコーヒー牛乳が登場したからである。まさに「コーヒーポリ200」の誕生である。コーヒーポリは発売直後途方もない愛を受ける。当時はコーヒーが高級文化に触れとても値が高かったので、貴重なコーヒーの味を感じることができる安価な牛乳の人々は熱狂した。

また、手に握る忘れられない独特のピラミッド形も人気を加えた。「三角牛乳」、「三角コーヒー牛乳」などいくつかの愛称で呼ばれて口コミで広がるされる。はさみがなければ食べ難しいリスク(?)にもかかわらず、韓国の国民学生は素手でストロー差し込む神功を示した。その結果、コーヒーポリは年間売上高200億を軽く撮る国民コーヒー牛乳に据える。

コーヒーミルク、高カフェインの激戦地がドゥェダ

コーヒーの中に、コーヒーにモン、コーヒーの味だけなど、数多くの後発ができた。しかし、「コーヒーポリ」の牙城を破った者はいないに見えた。2016年には、尋常ではない犬がコンビニに登場するまでは、だ。GS25の「スヌーピーコーヒー牛乳(有アースより濃いコーヒー)」がリリースされたものである。

写真一枚波及効果はすばらしかった。試験を控えた大学生、夜勤ドルがコンビニでスヌーピーを叫ぶたのだ。スヌーピーミルクは、コーヒーポリの5倍、ホットシックスの4倍に達する高いカフェインが含まれていた。

長年子供用として扱われてきたコーヒー牛乳市場があっという間に高カフェインの激戦地となった。しかし、問題は、カフェインがたくさん入ったことを知らず、ただかわいい(?)コーヒー味のミルクを選択し、消費者たちだった。

牛乳をミルクと呼ばず

スヌーピーが打ち上げた小さなボールと言えるか?最終的には2018年には、シクヤク先は決断を下す。コーヒーの成分が入ったすべての「コーヒー牛乳」の食品の種類を「コーヒー」に変更させたものである。消費者が警戒心を持つことができるようにした措置だった。牛乳をミルクと呼ばなくなった状況。多くのコーヒー牛乳が「コーヒー」で名前を改名することになる。

すると「牛乳の中にモカチノ」シリーズは、「コーヒーの中にモカチノ」と、スヌーピーコーヒー牛乳は「より濃いコーヒー入れたコーヒー」を経て「より濃いコーヒー」がされているウトプン状況が起こった。もちろん既存の消費者は、名前にかかわらず、パックの形を見て、コーヒー牛乳を訪れ、何が変わったのか全く気づかなかった私のような人もいただろうが。

コーヒーポリからスヌーピーまで、コーヒー牛乳とは何か

今、韓国は世界6大コーヒー消費国として、1人当たりの年間300杯がふわりと越えるコーヒーを飲む。カフェの復興とコンビニも大きく変化した。これまでアメリカーノとカフェラテを標榜する多くのコーヒー飲料が生まれた。最近では、カフェ型コンビニエンスストアが登場してコーヒー豆の機械でコーヒーを即座に降り飲めるようになった。人々は豆の産地を計算し、コーヒーの味を区別するように口当たりも高級化がされた。次に、今コーヒー牛乳の居場所は永遠なくなるだろうか?

ではない。大人には思い出の味で、子供たちの楽しさとコーヒー牛乳はまだ多くの人が愛する牛乳だ。また、カフェインが受けないが、コーヒーの味を感じたい人の心を代弁する飲料、コーヒー、牛乳は、今後も引き続き愛されないだろうか?