医療提供者のためのトレーニングの3つの要点

医療提供者は、私たちの医療システムのバックボーンになるでしょう。彼らは、健康を促進し、病気の世話をし、贅沢をし、ケアの提供を強化しようとするように教育されています。医療と医療は医療提供者の2つの最大のカテゴリーになりますが、他にも多くの種類の医療提供者があります。他のタイプの医療提供者には、薬剤師、カイロプラクター、歯科医、健康管理者、在宅ケア支援労働者、および補完的かつ代替的な治療の施術者が含まれます。

仕事の性質上、ヘルスケアプロバイダーは、感染症、針による怪我、背中の怪我、暴力、ストレスなど、仕事に関連する特有のリスクに直面しています。仕事の安全と怪我の防止の実践に忠実であることは、他の健康問題とともにこれらのリスクを減らすのに役立つかもしれません。医療提供者の役割に関しては、さまざまな種類の職種固有のトレーニングが不可欠ですが、すべての提供者は通常、次の3種類の必須トレーニングからメリットを得ることができます。

1. CPR

医療提供者向けの根本的存在サポートまたは専門救助者向けのCPRとしても知られるこのコースは、CPRおよび成人、乳児、子供向けの気道閉塞の除去をカバーする包括的なCPRコースです。これらの種類には、換気装置、呼吸を保存するためのバリア、および2人CPRテクニックも含まれます。資格のある医療専門家は、この程度のCPRトレーニングを受講する必要があります。これには、AEDの使用に関する指導も含まれる可能性があります。

2. AED(自動体外式除細動器)

技術の進歩により、新しいAEDデバイスがわかりやすく、使いやすくなっています。通常、それらは子供が利用することはそれほど難しくない音声指示と図表を含みます。ただし、医療従事者がデバイスの機能と使用状況を確実に理解するには、正式なAEDトレーニングが不可欠です。AEDトレーニングは、医療提供者が絶望的な状況でデバイスを迅速かつ正確に利用するための傲慢さを提供します。

3.血液由来の病原体

労働者は、他の体液とともに血流との通常の整理接触を通じて、血液由来の病原体に気付かない可能性があります。血液由来の病原体は、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、エイズの収縮などの重大な健康問題を引き起こします。血液媒介性病原体との接触は、血液媒介性病原体の特定、ルール、職場プログラム、個人の保護、および暴露のフォローアップに関する情報を含む包括的なトレーニングを受けることで最小限に抑えることができます。

十分な学習CPR、AEDの使用、および血液由来の病原体を受け取ることにより、プロバイダーは他の人の面倒を見て、自分の仕事に関連するリスクを管理するのに十分な装備を備えています。