あなたの会社のためのシールの種類

シールは何年も前に発見されました。それ以来、それは人間の生活の中で、特に企業活動に関して、多くの業務で常に使用されてきました。多くの国では、企業または会社が発行するドキュメントの信頼性を保証するために、共通のシールが使用されています。それはまた、会社のアイデンティティとより適切に見える方法をマークします。コモンシールは、会社が法人化され、国内で合法的に承認された後に取得できます。共通のシールを取得することは、忘れてはならない事前登録の重要なステップの1つです。ただし、次のように、企業の多くの業務に役立つ可能性があるシールには、さらにいくつかのタイプがあります。

1.会社印

以前に簡単に説明したように、会社のシールは、他のタイプのシールと比較して、企業が最も頻繁に所有および使用するものです。会社の印鑑は会社の名前とその登録日を刻印します。会社印は個人だけでなく会社全体の決定を示します。重要ではありますが、無責任な人が持っていると、望ましくない問題が発生するため、虐待のリスクが高くなります。

2.契約シール

契約シールは、会社が入力した契約を承認または承認するために使用されます。会社はこのシールを所有する必要はありません。したがって、これは完全にオプションです。このシールの使用は、会社のシールに置き換えることができます。ただし、より効果的に作業できるようにするために、契約を承認する目的で別の印鑑を作成しても損失はありません。

3.財務シール

金融シールは、その名のとおり、金融関連の業務に使用されます。たとえば、銀行口座を開設したり小切手を承認したりする必要がある場合は、このタイプのシールが必要です。この印鑑は、財務部門が直接管理するため、財務部門によって処理されると思われます。

4.請求書シール

前述のように、より具体的な目的で別のシールを作成すると、作業の生産性が向上する場合があります。作成できる別のタイプのシールは、請求書シールです。これは会社が発行した請求書をこのシールで承認することが望ましいため、これは非常に重要です。

5.法定代理人シール

このシールは、法定代理人の問題に使用されます。会社の人ではなく会社を表します。これは会社の印鑑とよく似ていますが、これは別の印鑑です。このシールは通常、会社が銀行口座を開くために財務シールと共に使用されます。これは、銀行が通常、会社による承認の証拠としてこれを所持している必要があるためです。

会社の印鑑は、会社の独創性と信頼性を保証するために会社からリリースされる重要な文書を承認するのに十分です。ただし、これらの他の多くのシールは会社にとってもメリットがあり、作業をより迅速かつ簡単に行えるようになります。特定の目的のためのシールが多いほど、会社のシールは必ずしも信頼されないためです。