韓国の低い労働生産性の本当の理由は何なのか?

オーストラリア出身のマイケル・コーケンが 韓国の労働生産性がOECDで低い理由について書いた文章が数か月前SNSとポータルニュースのヘッドラインを飾る思うよ、その文がハフィントン・ポストにも上がってきた。私のFacebookの友人の方が共有してコメントつけて再生して明らかにいうので何文字書く。

私いくつか挙げてたい部分は、以下の通りである。

1.労働生産性は何であるか

一度労働生産性と経済的な概念は、単位投入作業負荷比生産量で定義される。高炉Nだけの労働を投入して2Nがナオニャ3Nがナオニャこんなで前の席の付いた数値が大きいほど生産性が高いと言えるだろう。ところで、なぜ韓国が低いウニャ?韓国人が怠け?勤務時間の雑談して?絶対ではない。

生産関数で労働(N)とは、唯一の投入要素がなく、生産関数自体が持っている内因性的特性もそれぞれ異なり、何よりも労働と双璧をなす資本(K)とは、生産要素を言わないことができない。

資本を大きく投資して生産設備を高度化させる場合のようなNを投入しても、韓国は2〜3N出るのわずかなのに、アメリカのような国は、20N、30Nが出ることもある。最も代表的なのは、韓国軍と米軍の対照Caseを見てみるとされるが、韓国軍は土地をパルテシャベルで把持だけ米軍はショベルカーで売る。

韓国軍100人が朝6時に起きて奴隷のように夕方6時までシャベルをみ米国工兵1つの部品がショベルカー2個回すと、米軍10人が昼寝休暇に行き、勤務時間にアダルト動画をボーデン、夕方に出て、お酒を食べても韓国軍より労働生産性に優れたものである。

オーストラリア出身の白い青年がOECDの労働生産性統計をもたらす置かなくて正確な確認はできませんが、私の常識で韓国の労働生産性がそのように低いとは思わない。

保守右派性向の教授らにぎゅうぎゅう詰められたソウル大学経済学部でミクロ経済学を学んだ(再受講してダブル学んだ)私としては、教授方言われることを古代移動結論は以下の通りである。

「韓国の労働者たちが、米国の労働者よりもはるかにスマートで懸命に働くのに、韓国は、全体的な資本蓄積が米国よりもはるかに低いので、労働生産性が低く出る」

もちろん、保守言論で死ぬカイは、現代起亜車労組の蜜ツボ県列車工場数箇所がトヨタより生産効率が低下することは事実や、前説明したよう常に労働生産性を評価する時は投入労働だけを考えるのではなく投入された資本を考えなければならない。

投入された資本がないだろう労働者が熱心にしなくて労働生産性が低いということは、ジグクヒド勤労者を奴隷として見るフレームに閉じ込められていると主張している。

2.事務職の労働生産性について

生産職の場合は、時間、いくらの機械を数坪の土地に置いて何人かでどのくらい生産したのかの測定が可能であるという点で、それさえも、労働生産性の議論を正常に展開することができる一方、事務職の場合、労働生産性を言及することが難しい。フェイスブックで進行されるこの議論を渡し見たSG銀行のオ・ソクテエコノミストは、このような言葉まで言われた。

「私は基本的にサービス業(ないし比較枯れ木生産部門一般)の労働生産性という概念を信じていない」

事実事務職の場合は、生産することがほとんど無形の企画案 – タイプと打てば、ドキュメントの作業 – なのに、このようなことをいくつかの値をつけ測定するかについて定義下すことは不可能である。

事務職の労働生産性が低いという話は、最終的にホワイトカラーの業務に没頭もまたは効率が低いという話からする必要があり、組織内の通信チャンネル、意思決定構造、組織文化がフジという話に受け入れなければならない。その組織文化を叙述すると、次の通りである。

1.中間管理職、役員、幹部に上がるほどの責任と権限が同時に与えながら、より強く一方、実務はますます遠くなるに意思決定情報に必要な情報判断能力が弱まる。

2.会社の太陽、絶対尊厳に近い存在がある場合、神の目にかかることがすべての会社生活のKey Success Factorとなる以上政務的な問題、評判管理、儀典このようなもののみに重点をされることになる。

3.最終的には韓国企業の文化では、下級者と上級者、マネジメント間でのコミュニケーションのプロセスにレポートが重要となる。

要約すると、意味・短縮しなければなら簡単化作業と誠意を重要視考え装飾をまぶしく黄金絹クロスステッチなければして(きれいPPT)… そこに正無敵での評判管理しなければならなので、上のステップでコンテンツを歪曲して包装して返し話すなど、意思決定に、コストが大幅に入るしかない。

そこに儀典が重要であるみるとぺこぺこぺこぺこ気づいて夜勤して飲み会ネットワークが重要ジニ遅くまで飲み会しスルポ飲むしかない環境でも追加される。

3.結論

結局、マイケルコーケンが書いた文章が間違って話をしたわけではない。だが、労働生産性が低い問題を提起するとしたら、アカデミックて実効的なアプローチは、することができず、「私たちは、なぜこの形なのか」打令を免れることはできない。韓国企業内コミュニケーションの構造、組織文化の悩みから始めなるべき、労働生産性という概念にアクセスすることはできないようだ。

具体的には、問題をわらば業務効率、没入度、意思決定構造の話であり、これを最終的に掘りば中間管理以上の力量の問題に還元されるしかない悲しい話だ。

労働生産性というレトリックが与えるフレーム内閉じ込められれば、労働者が、無能化して怠けのにそれは本当ないじゃないか。

結局、時間が経過解決する問題だ。