3つの基本的な子育てスタイル

子育ては常に個人に自然に来る一つのことです。子育てにマニュアルやルールをどのようにすればよいかはそれほど速くありません。人々は一般的に行くから学ぶだけです。食事、服装、そして通常は子供を世話することのように、大部分のものは単純に自然なものです。しかし、成長は他の若者と一緒に成長し、育児は単に若者の日常のニーズを単に処理するだけではありません。ときどき親は、子供を育てる最善の方法を決定する際に何らかの支援が必要だと感じます。

子育てについて発言し、助言を提供し、援助が必要な親を助ける人はたくさんいます。子育てスタイルは、親またはガーディアンが親が子育てを使用するのを支援するために実行できる何かの良い例です。子育てスタイルは、本質的に親が子供や子供を育てる方法を説明する方法です。3つの基本的な子育てスタイルがあります。

子育てに関するいくつかの政府機関は、子育てスタイルにはさまざまなバリエーションがあると推論しますが、それらはすべて3つの基本的な子育てスタイルに戻ります。個人の3つのスタイルは、権威主義的、寛容、民主的です。

権威主義的な育児スタイルはコントロールに依存しています。この種の子育てで、親はどんな場合でも完全なコントロールを維持します。この種の子育ての下では、厳格なルールとスケジュールがあります。母と父は鉄の拳を握ることで子供たちを支配します。ルールに関しても同じことがあり、罰は必要に応じて非常に秩序立って迅速に提供されます。権威主義的な育児スタイルの下側は、通常、いくつかの愛情や暖かさを考慮に入れていないことです。この特定の子育てスタイルで昇格した子供は、自由に考えたり自分で決めたりすることがしばしば許可されていないため、自分で考えて経験するように発達することがよくあります。

寛容な子育てスタイルは、権威主義的な子育てスタイルとは正反対の場合があります。寛容な親は子供が完全に制御できるようにします。通常、ごくわずかなルールが見つかり、作成されたルールはしばしば非常に貧弱です。破損したルールは、しばしば認識もされず、強制もされません。この子育てスタイルを使用する親は、自分の子供が自由な思想家である必要があり、ルールや厳密な構造に縛られることなく、自分で世界を探検し、発見する必要があると信じています。この特定の子育てスタイルには、しばしば多くの愛情と熱があります。しかし、マイナス面は、子供がルールを必要としない場合があることです。彼らは、彼らが処罰されないことは、彼らがしていること-間違っているか正しいか-が重要ではないことを学びます。

民主的な育児スタイルは、権威主義的な育児スタイルと寛容な育児スタイルの組み合わせです。民主的な親は必要なルールを設定し、それらを強制しますが、彼らはそれが来るので、それぞれの状況にも対応します。罰は一般的に子供を使って話し合われます。民主主義の両親は、ルールが自分自身を確立した理由と、ある行動が受け入れられない理由を子供が理解できるようにすることを最も考えています。民主的な子育てとは、子供たちが善を行った後に子供たちに知らせることであり、子供たちが悪いことをしているときに、なぜそれが間違っているのかを確実に知らせることです。それは、子供と親が誰もが交流する子育ての一種です。子供はしばしば両親を尊重するように発達し、あなたが合理的な方法で紛争や問題を処理できるようにします。

それぞれの子育てスタイルには、独自の利点と欠点があります。明らかに、権威主義的な子育てスタイルを使用して、子供たちは非常に誠実で信じられないほどよく社会化されます。母親と父親の混乱はほとんどなく、ストレスも少ないでしょう。寛容な子育てスタイルの親を使用することは、彼らが常に子供を監視しているわけではないので、彼らが望むものを完了するために無料です。家族は単純に自分自身の要因を実行します。これは、誰もが自分自身の存在を発展させて家族を構成するため、時間の経過とともに頻繁に多くの分離につながる可能性があります。民主的な親のファッションは、多くの仕事を必要とします。両親は常に子供たちと話し、子供たちを使って、家族全員をアクティブに保つ必要があります。

子育てが簡単だと主張した人はいません。実際には、子供たちの世話と同じくらい長く、健康で幸せな親に対して、間違った権利や親の権利はありません。親は自分で子供を育てる方法を自分で選ぶことができます。一部の親は、自分自身の存在と自分の信念に合っているように見える子育てスタイルに単に該当します。他の人は子育てスタイルを維持するために努力します。ただし、親またはガーディアンが親のスタイルを選択します。それは、彼らにとって最適であるだけでなく、彼らの若者が適切に世話をされるため、長くても問題ありません。