怪我におけるリハビリ療法とフィットネスインストラクターの比較

フィットネスインストラクターや理学療法士は、一般的に体力の分野で活躍しています。多くの人々がカウンセラーのサービスと専門知識を決して必要とせず、利用することはないかもしれませんが、人々がフィットネスの専門家を雇うことはますます一般的になっています。

実際のカウンセラー、または理学療法士の助けは、通常、深刻な怪我や病気の後の体の治癒とリハビリを支援するために医師によって決定されます。セラピーオフィスには、特別に設計されたテーブル、マシン、ウェイトウェイトウェイトトレーニングツールなど、けがのリハビリ用に作られた医療機器と、フィットネスセンターやスポーツストアにはない他の機器があります。実際のセラピークリニックでは、あらゆる種類の怪我のための歩行補助装置やカスタマイズされた機器を利用できます。

一部のウェイト機器はフィットネスセンターに存在するものとまったく同じかもしれませんが、プロのセラピストは、けがのリハビリにこの機器を適切に使用する方法を通知するために、より効果的なトレーニングを受けています。ほとんどのウェイトトレーニング機器はさまざまな方法で使用される可能性があり、誤って使用した場合、特に怪我の後には、損傷が大きくなります。

セラピストは、リハビリの初期段階全体にわたって患者と注意深く作業することに加えて、怪我の前に楽しんだライフスタイルに向けて、可能な限り慎重に個人が戻るのを支援する保守ルーチンを開発します。

フィットネスインストラクターは、人々のフィットネスレベルとスタミナの改善を支援することに重点を置いています。ジムメンバーシップの認識が高まっていることを利用して、多くの人々は、フィットネスコーチがフィットネスセンターのメンバーシップパッケージに属している最初のインタラクションを見つけるかもしれません。この一次会議には、個人の状態の検査に加えて、フィットネスセンターにある従来の有酸素フィットネス運動とウェイト機器の概要が含まれる場合があります。フィットネスインストラクターが提供する指導の種類は、免許および/または認定された身体カウンセラーの状態によって引き起こされる治療の種類として誤って識別されるべきではありません。実際、すべての州または施設が、プライベートトレーナーのための特別なトレーニング、認定、またはライセンスを必要とするわけではありません。

多くのフィットネスインストラクターは、怪我後のリハビリ、またはおそらく弱い筋肉を対象としたクラスを受講しています。実際には、医師向けの治療法の予備スパンが完了した後、継続的なリハビリの資格をさらに得ることができる、治療に関する専門的なトレーニングまたは認定を受けている人もいます。しかし、この種のトレーニングは、当然のことながら、もちろん患者が医師から解放される前を除いて、怪我の後にカウンセラーの専門知識で代用すべきではありません。

プロのセラピストは、少なくとも、認定校の学士号を取得している可能性があります。ほとんどの州では、これらのライセンスを発行する直前に理事会試験に合格する必要があります。

一部のフィットネスインストラクターは医療分野のレベルを持っていますが、このレベルのコーチングは現在必要ありません。数日から数日のコーチングに変わる多くの認定プログラムがあるので、専門知識と理解は大きく異なります。カウンセラーと医師がハウスケアとワークアウトの維持療法ルーチンを決定したとき、最高のフィットネス専門家を雇うことは次の論理的なことかもしれません。

けがが新鮮である場合、物理的なカウンセラーの資格のある仕事にほとんど切り替えはありませんが、継続的なメンテナンスは、適切に教育され、ライセンスを受けたフィットネスインストラクターと一緒に行うことができます。

彼らはあなたのカロリー摂取量が透過性であり、あなたはあなたの体を通して必須栄養素を食べていることを確認することができます。健康的な食事計画があれば、食事だけに頼ったり、食べ物を奪われたりすることはありません。さらに、プログラムについて説明や質問がある場合は、リハビリトレーナーに適切な情報をすぐに提供します。